汗蒸れや汗冷えを防ぐインナーZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

ZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

こんなの要らないでしょと思いましたが、今では一年中手放せないアイテムになっています。

汗を感じさせず、汗冷えを起こさない速乾性の高いインナーです。

夏は汗でベタつくことがなく快適です。

汗染みも起こりにくく見た目も涼しげです。

冬は汗冷えが起こらないので、お腹が冷える方にもおすすめです。

空気の層で外の冷たさも伝わり辛くなっています。

一年中大活躍のおすすめインナーです。

ドライインナーを買った理由

冬のライドでは、お腹が冷える事が良くあります。

中綿が入ったアウターを着ても冷える為、ショップで相談したら紹介されたのが、このインナー。

ZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

空気の層が冷えから守ってくれるとのことで、試着しました。

ZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

あれっ!暖かいかも!

こんなスカスカなインナー1枚で?と驚きました。

夏はサラッと、冬は暖かいインナーに、今ではヘビロテのアイテムになりました。

ドライウィーブ の速乾性能の実験

ナイロンのドライシャツでも乾きやすい物はあります。

しかし、この立体的なネット構造だと、汗を吸い取り外に逃がすスピードが大きく違います。

速乾性能を実験

ここからは、汗染みのTシャツが出てきますので観覧注意です(^_^;)

32度の暑さの中、綿100%のTシャツを着て走ってきます。

中にはもちろんドライウィーブを着ます。

ZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

目的地の横浜港シンボルタワーに到着。

午後2時過ぎの炎天下32度は、なかなか暑いです(^_^;)

ZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

汗をかいても、Tシャツにはほとんど染みてきません。

ZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

往復25kmほど走り、自宅へ戻ってきました。

インナーには、蒸発が間に合わなかった汗が残っています。

ZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

でも、Tシャツはこの程度の汗染みでした。

ZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

首周りと脇の下に少し染みていますが、速乾性能を発揮できたと思います。

かなり汗をかきましたが、Tシャツはあまり濡れていませんね。

その他の機能

500%の伸縮性

体の動きを邪魔しないのに、体にはソフトにフィットしている感じです。

ZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

ドライウィーブ のフィット感

胴体を筒状に編み上げて作っているので、縫い目がありません。

製造が難しいのかMade in JAPANになっていました。

肌の一部の様にストレスなく密着してくれます。

ZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

空気の層

ダウンジャケットの様に、空気の層があると、外気との急激な温度差を防いでくれます。

立体的な生地の中に空気の層があり、外気から守ってくれます。

ドライウィーブの保温性

お風呂の後に体を拭かないと、気化熱で寒いのと一緒で、体が濡れていると体温を奪われます。

汗をすぐに吸い取ってくれる構造をしているため、汗冷えによる体温低下を防ぎます。

天然銀イオンの防臭効果

環境に優しい天然銀イオンで、臭いの原因のバクテリアの成長を抑えます。

実験では20000個のバクテリアが18時間後に20個未満になっています。

ZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

まとめ

お腹の冷えで困っていて買ったインナーですが、こんなに一年中使えるとは思いませんでした。

本来ならハードなスポーツをする人の為のウェアで、僕にはオーバースペックかもしれません。

でも、一回このサラッとした着心地を味わうと、手放せなくなってしまうインナーです。

汗のベタつきが無いと、ホントに快適ですよね。

また冬のお腹の冷えも嫌です。

一年中使える高機能インナードライウィーブはおすすめです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です