「WH-RS500のインプレ」初心者におすすめのシマノホイール 

初心者におすすめのシマノホイールWH-RS500のインプレ 

爆音系のホイールは嫌だったので、初めて買うホイールはラチェット音の静かなシマノにしたいと思っていました。

ホイール交換は初めてなので走りの違いに感動しました。

ホントに違う自転車に乗った感じです。

価格も控えめで品質の良いシマノRS500はおすすめです。

WH-RS500のラチェット音

WH-RS500はWH-6800の後継モデル

WH-RS500はアルテグラWH-6800の後継モデルとして2018年に登場しました。

アルテグラのイメージの割に安いですが、グレードが合っていないためかRS500はアルテグラの名前を剥奪されています。

完成車の鉄下駄から交換する初めてのホイールに丁度良いグレード。

まさに初心者にピッタリなホイールです。

RS500のインプレ

走りが静かで抵抗無くスーっと走ってくれます。

ホイールを初めて変えた人って、みんなこんな感動を味わっているんでしょうね。

乗り心地が上質になりました。

質感が良い

見た目の問題ですが、ハブもリムも高級感があります。

初心者におすすめのシマノホイールWH-RS500のインプレ 

肉抜きしたハブフランジ

初心者におすすめのシマノホイールWH-RS500のインプレ 

チューブバルブの反対側に配置したバランスウェイト

日本メーカーの細やかさでしょうか。

初心者におすすめのシマノホイールWH-RS500のインプレ 

チューブレス対応

スポークホールはありません。

初心者におすすめのシマノホイールWH-RS500のインプレ 

ゾンダと比較

RS500ゾンダ
リムタイプチューブレス
クリンチャー
クリンチャー
リム高24mmフロント27mm
リア30mm
リム幅20.8mm22.5mm
対応タイヤ23C~28C25C~28C
重量1649g1596g
価格39200円45800円

※価格は2019年7月14日アマゾン調べ

重量の違い は53g なんですね。

リム幅はゾンダが広めで25Cからになっています。

レース志向の人には物足りないのかもしれないですが、初心者的には1649gでもまったく不満がありません。

シマノWH-RS500

まとめ

平地がメインで走っているならコスパと品質の良さでRS500で十分満足できるのではないでしょうか。

コンポからホイールまで全てシマノになり「スムーズな回転が気持ちいい〜!」となっています。

ラチェット音がデカイ方が好きとか、デザインが目立つ方が好きなら向かないかな(^^;)

派手さはなく地味に良いホイールをお探しの方にオススメです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です