ユニクロのパンツをナリフリN649と同じ長さに切ってサイクルパンツ化

ユニクロのストレッチパンツを短く切ってサイクルパンツ化

ユニクロのEZYジーンズを買ったら、ストレッチがきいてロードバイクにピッタリでした。

スリムフィットのジーンズとして売っていますが、8分丈に切ってサイクルパンツ化しました。

一応店員さんに相談してみたら、短くしても問題ないとのことで、お願いしました。

夏のポタリングに丁度良いユニクロ・サイクリングパンツが完成しました。

ユニクロイージージーンズ

ストレッチのきいたテーパードタイプのジーンズです。

ユニクロのストレッチパンツを短く切ってサイクルパンツ化

素材は綿87%ポリエステル11%、ポリウレタン2%です。

サイクルジャージとジーパンのコンビも好きです⇒ルコックのサイクルジャージをジーパンに合わせる

使える季節

テーパードタイプは足にフィットするので、下にタイツを履くのは、難しいです。

ロングのEZYジーンズも持っていて、薄いタイツを中にして履きましたが、膝が窮屈で長距離は乗れないと思いました。

生地は、冬に売っていたイージージーンズと同じようです。

ジーンズは、足首ふくらはぎが出るだけで、涼しくなりますね。

カジュアルウェア派はみんな持っている?⇒モンベルの定番サイクルパンツ フリーライドパンツ

パンツの長さと年齢の関係

年齢で差別するようなことは良くないかもしれないですが、40代のおじさんがショートパンツで電車に乗っていたら、やっぱりギョッとすると思うんですよね。

スポーツする場なら、どんな長さでも良いですが、輪行などで電車に乗る事を考えると昭和生まれの自分的に、ひざ出しは嫌かな。

20代、30代なら割と足を出していてもびっくりはしません。

でも40代以上は7分丈くらいからが良いんじゃないかと思っています。

でも湘南とかでは、不思議と年齢が上の人がショートパンツを履いていても、カッコよく見えますね。

あくまで自分の住んでいる地域や、その人のキャラクターもあるんでしょうね(^^)

アウトドアブランドのパンツもおすすめです⇒サイクルカジュアルパンツにコロンビア・ブルーステムニーパンツがおすすめ

カットする長さの決め方

自転車のファッションブランド・ナリフリ8分丈パンツがイメージに合っていたので、その股下サイズに合わせてカットしました。

ナリフリのパンツ 「バイクパンツ」NF649

僕のサイズでいうと、チビなのでXSです。

ナリフリのバイクパンツXSサイズの股下は54cm。

この長さに合わせてカットしてもらいました。

ユニクロのストレッチパンツを短く切ってサイクルパンツ化

narifuriバイクパンツNF649のサイズ

参考にした股下の長さ。

XS SML
ウエスト75cm79cm83cm87cm
渡り31.5cm32.5cm33.5cm34.5cm
股上23cm23.5cm24cm24.5cm
股下54cm56cm58cm60cn

実際に乗ってみる

ナリフリさんは、検証してこの長さにしたのでしょうね。

丁度良い長さでした。

ペダルに足を乗せて、ギリギリチェーンリングに当たらない長さです。

ユニクロのストレッチパンツを短く切ってサイクルパンツ化

30度以上の真夏だと

暑い日は、6分丈くらいまで持ち上げて履いています。

ユニクロEZYジーンズを6分丈で

ストレッチパンツなので、持ち上げておけば下がってきませんでした。

ユニクロEZYジーンズを6分丈で

暑い日はこれが涼しくて良いですね。

サイクルカジュアルの夏のコーデまとめ⇒ロードバイクの夏のカジュアルな服装コーディネート

まとめ

自転車のウェアはユニクロのように大量に売れるものではなく、また激しい動きにも耐えられるものだから高価になってしまうんでしょうね。

ナリフリの定番バイクパンツNF649も長さが丁度良く、高いだけあって作りは流石だなと思いました。

でも高いウェアを季節ごとに買っていたら1年間で、うん十万円になってしまうでしょうから、抑えられるところは抑えていきたいですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です