カジュアルサイクルウェア 秋と春のコーディネート

秋春のサイクルカジュアルコーディネート

秋と春のカジュアルなサイクルウェアのウェア&グッズを紹介します。

朝晩昼間気温差が10度くらいあるような季節は、何を着ていけば良いのか悩みます。

基本は重ね着防寒グッズ細かく温度調節が出来るのが一番です。

僕の場合は、ボトムスにジーパンやアウトドアパンツ、トップスにはサイクルジャケットなど、ごちゃ混ぜなところもありますが、のんびりサイクリストにはこれくらいの曖昧さが合っていると思っています(^^)

気温20度台のカジュアルサイクルウェア

20度台は半袖ジャージに、アームウォーマーウインドブレーカーがあれば幅広い温度に対応出来ます。

※半袖ジャージの下には速乾のインナーは着ています⇒汗蒸れや汗冷えを防ぐインナーZERO FIT DRI WEAVE ドライウィーブ

アームウォーマー

パールイズミのニットアームウォーマー

ニットのアームウォーマーは、つけ心地と使い勝手が良いおすすめアイテムです⇒パールイズミのニットアームウォーマーは季節の変わり目に使いやすい

ウインドブレーカー

カペルミュールのウインドブレーカー

薄手の防水ではないウインドブレーカーです。サイドのメッシュが効果的に蒸れを防いでくれます⇒ロードバイクのウィンドブレーカーはカペルミュールのエルブレス限定モデルがおすすめ

気温10度台のカジュアルサイクルウェア

10度台は長袖のサイクルジャケットを基本に、防寒グッズ(ウインドブレーカー、ネックウォーマー、防風グローブ、暖かいインナー)で幅広い温度に対応しましょう。

長袖サイクルジャケット

カジュアルサイクルジャケット・カペルミュールレーシングサーモ

サイドや腕の下側が、蒸れを逃がす素材になっていて暖かいけど蒸れずに快適です⇒秋のカジュアルサイクルジャケットはカペルミュール・レーシングサーモがおすすめ

サイクルカジュアル・街乗り用

30kmくらいの距離だと割とジーンズで乗ることも多いです。

秋春のサイクルカジュアルコーディネート

サイクルカジュアル・ロングライド用

遠出する時はサイクル用のパンツがやっぱり快適ですね。

秋春のサイクルカジュアルコーディネート

サイクルカジュアル・自転車通勤用

登山用のパンツを使っていますが、雨に濡れた時の乾きが早いのが気に入っています。

秋春のサイクルカジュアルコーディネート

ベースインナー

10度台後半前半インナーで差をつけています。

10度台後半は、半袖の速乾インナー+ジャケット

秋春のサイクルカジュアルコーディネート

10度台前半は、ウールインナー+ジャケット

秋春のサイクルカジュアルコーディネート

防寒グッズ

首元を防寒するだけで暖かさが大きく違います。

ウインドブレーカーネックウォーマー防寒グローブは簡単に体温調整ができて便利です。

秋春のサイクルカジュアルコーディネート

サイクルカジュアルパンツ

ジーパン、モンベルのサイクルパンツの2つが主に着用しているボトムスです。

ユニクロEZYジーンズ

ストレッチジーンズは、ユニクロのEZYジーンズが快適です。夏には8分丈にカットしたバージョンも着ていました⇒ユニクロのパンツをナリフリN649と同じ長さに切ってサイクルパンツ化

はじめてのビンディングシューズShimano SH-RP400をレビュー

モンベルサイクルパンツ

モンベルの定番サイクルパンツ フリーライドパンツ

オールシーズン対応のパンツとのことですが、真夏以外は使っている便利なパンツです⇒モンベルの定番サイクルパンツ フリーライドパンツ

MAMMUT登山用パンツ

自転車通勤でよく使っている登山用メーカーマーモットのパンツ

もう古いので売っていないかもしれませんが、割と細身で膝も動かしやすいです。

秋春のサイクルカジュアルコーディネート

まとめ

春や秋は一日の中でも温度差が大きく、急に寒かったり暑かったりウェアに悩みました

昼間は気持ち良く走れても、帰る夕方には寒くて震えながら走るのは辛いですよね。

どの温度でも対応出来るウェア小物を揃えると、温度差を心配しないで楽しく走りに行きますよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です