メリダRIDE80の評価は?実際に乗ってみたインプレ。

メリダRIDE80のインプレ

メリダRIDE80はエントリーロードバイクとしてコスパも、乗り心地も最高です。

僕の場合はシートポストに傷があった為5万円+消費税で購入できました!

RIDEシリーズのフレームは長距離向けで乗り心地にも定評があります。

スペック RIDE80(2018)

フレームアルミ
フォークフルカーボン
シフタークラリス
ブレーキクラリス
ディレーラー(前後)クラリス
クランクFSA TEMPO 50-34
重量9.6kg
定価85900円

フレームの評価

RIDE80 はエンデュランスロードと言われる長距離向きのフレームです。

前傾姿勢がゆるめで乗り心地が良いです。

上体が起きて乗りやすいということは、風も受けやすくなり高速を維持するレースは得意ではないということにもなります。

なのでロードのポジションが初めての初心者や、のんびり長距離を走るスタイルに向いたロードバイクです。

クラリスの評価 

RIDE80 はブレーキ、シフター、ディレーラーがClarisになります。

2017年からのクラリスR2000は質感が良くなり、見た目の高級感が増しました。

クランクは残念ながらシマノではなくFSA tempoが使われています。

しかしクランクを交換するにしてもクラリスはコスパが良いので後々も安心です。

クランクもクラリスになりました⇒メリダRIDE80のクランクをClaris R2000に交換しました

コンポは105以上を買ったほうが良いという傾向がありますが、のんびり派サイクリストにはクラリスでも十分快適です。

もちろん金銭的に余裕があれば105で良いのでしょうけど、105にすると凄い脚力になるというわけではありません。

あくまで大事なのは自分の脚力です。

フォークがフルカーボン

エントリーグレードでカーボンフォークなのは珍しくはないですが、コラム までのフルカーボンは珍しいのではないでしょうか。

これも長距離走行時の乗り心地に大きく貢献してくれているはずです。

ホイールをRS500に交換しました⇒「WH-RS500のインプレ」初心者におすすめのシマノホイール

小さいサイズがある

自分の体のサイズに合ったものを選べるのは大切。

小さいサイズがあることは背の低い僕にとっては重要です。

クランクサイズは165mm、170mm、172mm

ハンドルは380mm、400mm、420mm

ハンドルステムは70mm、90mm、100mm

フレームサイズごとにハンドルやクランクのサイズも調整してあります。

MERIDA RIDE80

ロングライドのための基本性能を充実させたエントリーロードバイク
フルカーボンフォーク
2×8速のShimano Clarisを採用
ワイドレシオのギヤ比と軽量なアッセンブルでヒルクライムにも挑戦可能

RIDE80まとめ

・前傾姿勢緩めで乗りやすい。

・フルカーボンフォークで振動軽減。

・コストパフォーマンスが最高。

・ブレーキまでクラリスを使い100km程度のサイクリングには十分すぎる性能。

僕はパッドの付いたサイクルパンツは履いていません。

ride80 のサドルがソフトなのか?ポジションが良いのか?

横浜〜小田原往復100km走った時もほとんど痛みが有りませんでした!

長く乗っても疲れづらいフレームは、ロードバイクで遠くまで行ける楽しさを味わさせてくれます。

初心者に優しく、のんびり派サイクリストには長く付き合えるのがRIDE80です。

これからロードバイクを始めたい方にはおすすめしたい1台です(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です