ロードバイクの持ち物、サドルバッグの中身

ロードバイクの持ち物、サドルバッグの中身

いつも持っていくサドルバッグの中身や持ち物を紹介します。

今のところロングライドも、短めのサイクリングやポタリングもだいたい同じ物を持って行きます。

今後、輪行などに行くようになると、また持ち物も変わってくると思いますが、基本的な物は一緒です。

持ち物

1、携帯工具
2、CO2ボンベ・インフレーター
3、予備チューブ
4、パンク修理パッチ
5、コネクティングピン
6、財布
7、鍵
8、携帯ポンプ

携帯工具トピーク ヘキサスX

携帯工具TOPEAKヘキサスXを解説 ヘキサスⅡがバージョンアップ

⇒携帯工具TOPEAKヘキサスXを解説 ヘキサスⅡがバージョンアップしました

以前は携帯工具( 六角レンチとドライバーだけ)とタイヤレバーを持っていました。

100km走るようになってからは、チェーンカッターも増やそうと思い、どうせならという事で、一つにまとまったトピーク・ヘキサスXにしました。

CO2ボンベ

ロードバイクのチューブ交換の動画

⇒「動画」ロードバイクのチューブ交換を5分間でチャレンジ

パンクの時は一瞬で空気が入るボンベが楽です。

一応携帯ポンプも持っていくのでボンベは1本だけです。

予備チューブ

ロードバイクの予備チューブ

予備チューブは1本だけ持っていきます。傷まない様にビニールに入れておきましょう。

2回パンクしたら、パンク修理パッチで直して使うことになります。

パンク修理パッチ

ロードバイクのパンク修理セット

チューブは1本だけなのでパンクが連続したらこれで直します。

付属のヤスリで擦って、汚れを取って貼り付けるだけで修理できます。

コネクティングピン

チェーンのコネクティングピン

チェーンが切れた時の為に1本持っていきます。

自分の使っているチェーンに対応したものを購入しましょう。

財布 CHUMSエコキーコインケース

ロードバイク用の財布はCHUMSのエコキーコインケースがおすすめ

⇒ロードバイク用の財布はチャムスのエコキーコインケースがおすすめ

何かあったら頼りになるお金です。

財布の中にパンク修理パッチコネクティングピンを入れています。

鍵 クロップス・スパイダーX

ロードバイクにおすすめの軽量鍵cropsスパイダーX

⇒ロードバイクにおすすめの47gの軽量の鍵CROPSスパイダーX

トイレやコンビニで買い物の際に使う簡易的な鍵です。

軽くて邪魔にならないので、持っていくことが一番多い鍵です。

携帯ポンプ GIYO GM-821

「動画」ゲージ付携帯ポンプGIYO GM-821

⇒「ノーカット動画」ゲージ付携帯ポンプGIYO GM-821で7.5barまで入れてみた

CO2ボンベを使い切った時や、CO2ボンベだけでは空気圧が足りない時に携帯ポンプが役に立ちます。

ゲージ付きでいつもの空気圧7.5barまで入れられます。

まとめ

僕の場合はのんびりサイクリングで、コンビニがある場所が多いので携帯食はあまり持っていきません。

行く場所によっては携帯食が無いとハンガーノックで動けなくなるなんてこともあるので気をつけてください。

知らない土地で急なトラブルは不安になります。

いろいろな状況を事前に想定してトラブルに対応できる必要最小限のものを持っていきましょう。

トラブルも不安もなく楽しいライドが最高ですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です