ウィンドブレーカーのたたみ方(ロードバイクに乗ったままできる)

ウインドブレーカーの畳み方

ウインドブレーカーを、収納袋無しでコンパクトに収納出来る畳み方です。

慣れれば、自転車に乗ったままウインドブレーカーをキレイに畳めるので、春や秋の体温調整が頻繁な時期に便利ですよ(^^)

ウィンドブレーカーの畳み方の動画

動画が分かりやすいので、ぜひ見てください(^^)

手順

①襟と手首をつまんで、形を整えます。

ここで表と裏を均等にしておくとキレイに畳めます。

②脇の下と、胸の辺りをつまみます。

脇の下と、その平行線上の胸の辺りをつまんで折ります。

ウインドブレーカーの畳み方

③袖と同じ幅になる様に折っていきます。

全体が袖の幅になりました。

④手首に向かって、小さめに折り畳んでいきます。

⑤袖の先を裏返して収納します。

親指で押さえて

四本指で広げながら収納します

コンパクトになりました!

あとは背中のポケットに収納します。

季節の変わり目は、ウインドブレーカーニットアームウォーマーおすすめです⇒パールイズミのニットアームウォーマーは季節の変わり目に使いやすい

まとめ

こういった畳み方は動画のほうが分かりやすいですね。

ただ丸めるだけでも収納出来ますが、キレイに畳んだほうが着る時は気持ちいいです。

慣れると自転車に乗ったまま出来ますので、是非やってみてください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です