メリダRIDE80のギヤ比「8速クラリス」と「11速105」を比較

メリダRIDE80のギヤ比「8速クラリス」と「11速105」を比較

メリダRIDE80のコンポはClarisなので8速です。

なんでメリダRIDE80はこのギヤ数なの?

8速のクラリスと11速の105は、どう違うの?

普段ぼんやり思ったことを、ギヤ比などの数値で見て理解してみようと思います。

8速クラリスと、11速105の比較

僕の乗っているメリダRIDE80クラリスと、上位車種のメリダスクルトゥーラ700105で比較します。

メリダRIDE80のギヤ比「8速クラリス」と「11速105」を比較

メリダRIDE80(8速クラリス)

フロントギヤ50-34
スプロケット11-13-15-18-21-24-28-32T

1速2速3速4速5速6速7速8速
歯数32T28T24T21T18T15T13T11T
34T1.061.211.411.611.882.262.613.09
50T1.561.782.082.382.773.333.844.54

メリダスクルトゥーラ700(11速105)

フロントギヤ52-36T
スプロケット11-12-13-14-15-17-19-21-24-27-30T

1速 2速 3速 4速 5速 6速 7速 8速 9速 10速 11速
歯数 30T27T24T21T19T17T15T14T13T12T11T
36T1.21.331.51.711.892.112.42.572.7633.27
52T1.731.922.162.472.733.053.463.7144.334.72

105はギヤ比がなだらか

グラフで見ると105は、なだらかにギヤ比が上がっていきます。

クラリスは、特に重いギヤのグラフが急角度に上がっています。

メリダRIDE80のギヤ比「8速クラリス」と「11速105」を比較

105は高速域のギヤが多い

ギヤ比3~5の間で比較すると、クラリスは3つ程ギヤ数がありますが、105は倍の6つ程ギヤ数があります。

ギヤ比1~2の間は、ほぼ一緒で、5つのギヤ数になっています。

なので、低速域に大きな違いは無く高速域では、倍くらいギヤ数に違いがありました。

メリダRIDE80のギヤ比「8速クラリス」と「11速105」を比較

ロードバイクのギヤ

フロントギヤ

フロントにギヤが2枚あります。

大きいギヤは、ペダルを踏むのが重くなり、小さいギヤにすると軽くなります。

メリダRIDE80のギヤ比「8速クラリス」と「11速105」を比較

リアギヤ

メリダRIDE80のギヤ比「8速クラリス」と「11速105」を比較

後ろギヤは逆に、小さいギヤにすると重くなり、大きいギヤにすると軽くなります。

つまり、フロントのギヤよりリヤギヤが小さければ小さいほど、ペダルが重く速度が速くなります。

ギヤ比を比較

ギヤ比が大きくなると、ペダルは重く速度は上がる。

ギヤ比1

フロントギヤを1回転させると、リヤギヤも1回転する。

ペダルは軽いけど速度が遅い

メリダRIDE80のギヤ比「8速クラリス」と「11速105」を比較

ギヤ比2

フロントギヤを1回転させると、リヤギヤは2回転する。

ギヤ比1に比べ、ペダルは重いけど速度は速い

メリダRIDE80のギヤ比「8速クラリス」と「11速105」を比較

FSAのTEMPOからクラリスのクランクに交換しました⇒メリダRIDE80のクランクをClaris R2000に交換しました

まとめ

8速のクラリスは、高速域のギヤが少なめなので、高速走行時に最適なギヤを選びづらい。

11速の105は、高速域のギヤがクラリスの倍あるので、高速走行時に最適ギヤが選びやすい。

クラリスは、レースには向かないコンポで、休日のサイクリングには十分といった感じですね。

クラリスのギヤ比を見て分かったのは、このくらいです(^^;)

レース志向ではない僕にとっては、高速域のギヤの充実している105は使いきれないかなと思いました。

クラリスは、丈夫でメンテナンスに神経質にならずに済む良いところもあります。

レースもしないし、メンテナンスも慣れていないし、クラリスの方が向いているのが分かりました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です