R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

フレームが小さいと合うフレームバッグ少ないですよね。

しかもスローピングしていると、更に少なくなります。

普通のサイズのフレームバッグは、ほとんどデカ過ぎて使えません。

しかし、R250のフレームバッグは、僕の44サイズでスローピングの強いRIDE80でもつけられます。

R250のフレームバッグは小さなロードバイクに合う貴重なバッグです。

R250とは

大阪の自転車屋さんワールドサイクルのオリジナルブランドです。

値段は控えめでいて、痒いところに手が届く工夫がされた製品が多くあります。

R250フレームインナーバッグの特徴

小さなフレームに収まる絶妙なサイズが最大の特徴です。

R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

海外のフレームバッグは大きすぎて、小さなフレームに収まりません。

フレームバッグの幅

走る時に足が当たらないかは大事なポイントです。

R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

カタログ値では5cm程度ですが、サイドの生地の膨らみがあるので実測7cmです。

内股気味の人は当たる場合があるかもしれません。

R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

生地のマチ幅は、だいたいカタログ値と同じです。

ポケットの深さ

左側はポケットが浅めにできています。

大きめの携帯ポンプGIYO GM-821もなんとか入ります。

R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

右側は深めのポケットで携帯ポンプを入れても、かなり余裕があります。

R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

ベルト位置の調整

ハンドル側はベルト位置が3段階の調整できます。

R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

サドル側はベルトが2段階に調整できます。

R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

リフレクターとジッパープル

グローブのままでも開けやすいジッパープルがついています。

サイドのリフレクターも安全性を高めてくれます。

R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

ケーブル穴

バッテリーを入れて使う時にケーブル穴があるとスマートに充電などができます。

R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

R250フレームインナーバッグの仕様

カタログ値
長さ 43cm
高さ 6cm~10cm
幅  4cm~5.5cm
重量160g

R250フレームインナーバッグ

こちらは新しい防水タイプ

まとめ


輪行の時にサドルバッグをやめてフレームバッグにしようと思い、このバッグに行き着きました。

フレームバッグを付けると、今度はボトルが当たる問題が出てきて、ボトルゲージをズラすことになりました。

⇒「小さなフレームにおすすめ」ボトルゲージの位置を上下に移動できるアダプター

フレームが小さいけどフレームバッグを使いたい方におすすめしたいバッグです。

また、フレームは小さくないけど、ボトルに当たって困るという人にもおすすめできる細身のフレームバッグです。

それにしてもメリダRIDE80(44サイズ)にピッタリ収まってくれて嬉しい。

R250の小柄な人にピッタリのフレームバッグ

これから輪行や、遠出の時に使っていきたいと思います(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です