自転車通勤用に購入したABUS4804KEYをインプレ

abus 4804k インプレ

自転車通勤で、駐輪場の支柱自転車のフレームを固定する為に4mmのチェーンロックABUS4804KEYを導入しました。

長さは、駐輪場の支柱までの距離を考えて110cm。

ABUSには15レベルまでのセキュリティレベルがあります。

その中では低い方の4レベルの鍵ですが、ABUSというだけで気持ち的に安心感がありますね(^^)

チェーンロックと重量の問題

セキュリティレベルを上げれば鍵は重くなります。

グラム単位で自転車を軽くしたのに、鍵の重さで軽々1kg超えては悲しいです。

でも盗まれたら元も子もないという、愛車に対して誰もが悩む難しい問題です(^◇^;)

ABUS 4804KEY 110cm を使った感想

長さ

職場の駐輪場の支柱にギリギリ届く長さでした。

abus 4804k インプレ

距離にすると53cmくらいの距離までなら、フレームと支柱をロックできました。

abus 4804k インプレ

たすき掛けは、服が汚れそうなのでしませんが、可能な長さです。

abus 4804k インプレ

見た目

簡単に切れない感のある重厚さが良いですね。

ABUSのロゴがあると、ドロボウが盗難を諦めてくれると期待しています。

abus 4804k インプレ

重さ

重さは510gなので、500mlのペットボトルとほぼ同じ。

abus 4804k インプレ

スペアキーは1本

スペアキーは1本しか付いていないので無くさないようにしましょう。

abus 4804k インプレ

鍵穴のシャッター

鍵穴のシャッターは横にスライドして開くタイプなので、キーを真っ直ぐ挿しても入りません。

キーでシャッターをズラしながら挿しましょう。

abus 4804k インプレ

鍵穴に蓋がついているので、汚れなどが入りづらそうで良いです。

ABUSセキュリティレベルと保証制度

ABUSの自社で設定したレベルですが、レベルの高い製品には盗難見舞金という保証制度があります。

条件はありますが、2〜12万円までの見舞金がでるそうです。

セキュリティレベル盗難見舞金
レベル5〜6 最大2万円
レベル7 最大5万円
レベル8〜10 最大10万円
レベル11〜15 最大12万円

自転車の鍵の選び方

こちらのサイトがとても参考になりました。

Bicycle Security Lab

ボルトカッターで実際に鍵を切って強度を格付けしています。

このサイトで学んだことは

ワイヤーロックは、太くても簡単に切れてしまう

ポケットに入る30cmくらいのボトルカッター(工具)で切れてしまう鍵は意外と多い。

鍵は空中に浮かせておくと、テコの原理を働かせづらく破壊しづらい。

ダブルロック(2個の鍵)は時間が掛かるのでドロボウも避ける。

このサイトを見てワイヤーロックが簡単に切れると分かり候補から外しました。

鍵はチェーンロックU字ロックの2つにしています。

鍵のかけ方も、テコの原理を使えないように工夫をしないといけませんね。

ABUSチェーンロックの候補モデル

ラインナップの中から候補に挙げたチェーンロックが以下の3つです。

U字ロックも併用して、合わせて1kg以下にしたいと考えました。

U字ロックはパルミースポーツ(310g)を使っています。

1500 110cm 4804KEY 110cm 5805KEY 110cm
360g 510g 715g
レベル3 レベル4 レベル5
4mmチェーン 4mmチェーン 5mmチェーン
盗難見舞金対象外 盗難見舞金対象外 盗難見舞金対象モデル
2390円(税別) 2980円(税別) 3980円(税別)

選んだ鍵は、4804KEY 110cm

ABUS4804は角型チェーンを採用し強度を高めています。

1500と比較しても、同じ4mmなのに重量が150g増

まとめ

仕事中に自転車が気になってしまうのは嫌なので、ABUSのチェーンロックを選びました。

停めておく場所時間、自転車の価格などによって選ぶ鍵は違ってきます。

僕の6万円の通勤自転車にABUSセキュリティレベル15のチェーンロックとU字ロックを買ったら、自転車の価格と近い値段になってしまいやり過ぎです。

ABUSの代理店ダイアテックのサイトには、ヨーロッパでは自転車の価格の10分の1が鍵の金額の目安だと書かれていました。

これを真に受けなくても良いと思いますが、鍵選びはバランス感が大事なんでしょうね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です